リハビリで回復!脊柱管狭窄症~体調の不安は専門医へ~

woman

とても稀な病気

Hospital

胸腺腫瘍は、胸骨の裏にある小さな臓器に腫瘍ができる病気です。初期症状は特になく、進行するにつれて咳がでたり、胸の痛さ、呼吸困難などの症状ができます。病院では、腫瘍の切除、放射線治療、化学療法などの治療が行われています。なので、異変を感じたらすぐに病院にいくと良いです。

この記事を読む

若者でもなる病気

woman

糖尿病は、高齢者だけではなく若者にも増えている病気です。血中の糖がきちんとコントロールできなくなるので、脳梗塞等の重大な疾患を引き起こします。小岩のクリニックでは、治療法としてインスリン注射を行います。とても効果があるので、糖尿病で悩んでいる方は相談すると良いです。

この記事を読む

足関節の背屈力と電気治療

Doctors

足関節の背屈力を改善する

腰部脊柱管狭窄症は、下肢に症状が発生する疾患です。なかでも特徴的なのが、間欠性跛行という、特殊な症状を起こすことになります。間欠性跛行は、歩行開始からしばらくのあいだは、普通に歩行することが可能です。しかし、一定の距離以上を歩行すると、下肢の痛みやシビレなどのために、歩行困難になります。このような腰部脊柱管狭窄症で、しばしば問題になるのが、下肢の筋力低下が残ることです。例えば、腰部脊柱管狭窄症による痛みやシビレが改善しても、筋力低下だけが残ることがあります。腰部脊柱管狭窄症による筋力低下が起こる場所としては、足関節の背屈力が多くなります。そのため、足関節の背屈力を、改善するリハビリが必要になるケースが多いことが、一つの特徴です。

腓骨神経への電気治療

足関節の背屈力を改善するためのリハビリには、いくつかの方法が存在します。そのうち基本となるリハビリは、筋力低下ということから、歩行や筋力トレーニングを行うことです。しかし、腰部脊柱管狭窄症は、神経的な要素によって、筋力低下を起こす側面があります。この神経の活性化を図るために、有効とされているのが、電気治療を行うことです。神経というのは、もともと電気信号を伝えることで、筋肉を動かしています。そのため、神経の活動を活発にすれば、筋肉の動きも活発になるのです。この点で、足関節の背屈というのは、腓骨神経が支配しています。したがって、腰部脊柱管狭窄症のリハビリとして、腓骨神経への電気治療が見直されると予測されます。

早期発見・早期治療が重要

Woman

脳動脈瘤は破裂することで「くも膜下出血」を引き起こします。そのため未破裂の状態で早期発見・早期治療を行うことが大切なのです。脳動脈瘤を早期発見するためには、脳ドッグを受けることをおススメします。頭痛や眩暈が酷い場合は、脳動脈瘤が進行している可能性があるため、注意が必要です。

この記事を読む

Copyright© 2015 リハビリで回復!脊柱管狭窄症~体調の不安は専門医へ~All Rights Reserved.